ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

省エネ

自動車用鉛バッテリ充放電装置

自動車用鉛バッテリを自動で効率良く充放電できる装置です。
容量判定機能も搭載可能で、バッテリ充電作業の省力化、効率の良い維持・管理が可能です。

自動車用鉛バッテリ充放電装置

特徴

  • 複数のバッテリを同時に自動で充放電できる装置です。バッテリはN200クラス(245H52)まで対応でき、対応個数については4個~12個までご要望に応じ製作可能です。
  • バッテリを一旦放電させた後、均等充電するリフレッシュ充電機能を搭載。リフレッシュ充電を定期的に行うことで、バッテリの劣化の抑制、コンディションを維持しバッテリ廃棄量の低減につながります。
  • 容量判定機能搭載可能。バッテリ放電特性を計測してデータ化することで、個々のバッテリの容量判定が行えます。また、個々のバッテリの充放電時計測データ、容量判定データをパソコン上で自動記録・表示できる管理・監視ソフトも制作します。

主要諸元 (N200クラス4個対応型)

入力電力 3相交流200V 20A
充電電圧 直流80V 40A(最大)
放電電圧 直流80V 40A(最大)
操作機能 カラー液晶タッチパネルによるワンタッチ操作・運転状態表示
安全機能 過電流、過電圧、バッテリ温度異常検出
設置環境 屋内仕様 運転温度0~40℃ 湿度85%

油圧ユニット省エネシステム

既存の油圧ユニットに制御ユニットを追加設置することで、消費電力を低減する省エネ対策システムです。

油圧ユニット省エネシステム

特徴

  • 既存の設備に簡単に追加設置が可能です。
  • 油圧回路の圧力を検知して、油圧ポンプ駆動モータの回転を低く制御します。そのため無駄な電力消費を低減することが出来ます。

主要諸元

電源電圧 3相 AC200~220V 50/60Hz
適用油圧ユニットモータ容量 3.7kW
重量 15kg
縦×横×奥行 400mm×300mm×200mm
入力 圧力センサ接点1箇所
出力 3相 AC200~220V 設定周波数
ページのトップへ戻る